オンライン カジノ 仮想 通貨

海外に在留する邦人の子等に対する日本語教育

「日本語教育の推進に関する法律(令和元年法律第48号)」の第19条で「海外に在留する邦人の子、海外に移住した邦人の子孫等に対する日本語教育の充実を図る」ことが定められました。また、令和2年に閣議決定された「日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効率的に推進するための基本的な方針」のなかで、「海外に移住した邦人の子孫、外国人と日本人を両親に持つ子に対する日本語教育」については、独立行政法人国際交流基金(JF)が実態の把握と必要な支援を実施することが明記されました。ここでは、JFの取り組みを中心に、各国・地域で主体的に行われている活動についてご紹介します。

JF海外事務所が構築・運営支援するサイト

【韓国】

サイトイメージの画像01


ソウル日本文化センターの支援により、韓国国内の継承日本語教育活動を行う団体・グループのマッピング地図及び一覧表を作成

【オーストラリア】

サイトイメージの画像02

シドニー日本文化センターがと協力して実施した事業をにて公開

【米国】

サイトイメージの画像03


ロサンゼルス日本文化センターが構築・運営

継承日本語アドバイザリー・コミッティーメンバー:
カルダー淑子氏、ダグラス昌子氏、桶谷仁美氏

【カナダ】

サイトイメージの画像04


トロント日本文化センターの支援により、カナダ国内の継承日本語教育活動を行う団体・グループのマップ検索機能を改善

【ドイツ】

サイトイメージの画像05


ケルン日本文化会館がチーム・もっとつなぐと共催で運営

本ページでは、世界各国・地域でJFが行っている「海外に移住した邦人の子孫、外国人と日本人を両親に持つ子に対する日本語教育」への支援をご紹介します。

What We Do事業内容を知る